咬み合わせと姿勢

咬み合わせと姿勢


簡単にいうと、咬み合わせと姿勢との関係では、

猫背=下の顎が後退する傾向

背筋をしゃきっと伸ばした姿勢=下の顎が前進する傾向
つまり、姿勢によって顎を動かしている筋肉、周りの骨格に影響され、
位置が勝手に誘導されてしまう。


ほとんどの時は、口を閉じてるので、下の顎は上の歯とのかみ合わせによりロックし、
顎の位置が後退した状態で定められてしまう。

しかも不思議なことに、顎の位置により時には姿勢が影響を受けてる事も。

姿勢は咬み合わせから相互作用のような微妙なバランスの影響を受けつづけ、
結果的に常に猫背になったり、背筋を伸ばした状態になる、という考えがある。


通常の顎の位置が定まるという事は、
同時に歯並びにも影響がでる。


[カテゴリ: エディタ > すみ〜 > 咬合とゲーム > 咬み合わせと姿勢]