なぜFreeStyleWikiなのか?

なぜこのページがFreeStyleWikiで作られているかをちょっとこの場で書きたいと思います。

管理工数の削減

元々、このページは普通にHTMLやCGI:Perlで作成されていました。
管理者は当然ぼく一人で、何らかの変更がある度に「HTMLを更新」→「ローカルでブラウザプレビュー」→「FTPでアップロード」→「WEBでプレビュー」という作業を繰り返していました。
この作業は非常に工数のかかる作業で、途中で何か気に入らないところがある度に「HTMLを更新」からのやり直しでした。
しかし、Wikiはブラウザ上でドキュメントの新規作成、更新、プレビューが可能である為、この煩雑な作業を行わなくてもコンテンツの新規作成、更新ができます。
また、管理者以外もページの更新ができるため管理者の間違いや誤植、新しいコンテンツなどを他の更新権限者が作成、修正してくれることも期待できます。
これらから管理工数が激減し、新しいコンテンツを作ろうと考えるモチベーションがあがるのでは?と考えるようになりました。

簡易ログイン機能

FreeStyleWikiはその他のWikiクローンたちの中でも少し異色で、簡易ログイン機能を持っています。
このページは基本的にゲームのことを主題として扱うページ群なので比較的参照する年齢層が低いと考えられます。
閲覧する年齢層が低いから荒らされるということではないですが、頻度は高いと思われるので管理工数が上がるようなことは極力避けたいと考えました。
しかし、Wikiの旨みである管理者以外が更新できる機能は使用したいです。
この点を考慮すると選択肢はおのずとFreeStyleWikiだけとなっていきました。

どこからでもページの更新

実は現在勤務している勤務先からFTPで外部に接続することはできません。
しかしHTTPは通るので勤務先からもページの更新ができます。
また、FreeStyleWikiはiModeなどの携帯電話などからのアクセスもサポートしています。
ちょっと見づらいですがサイト内検索を使えば目的のページへすぐにたどり着くので気にはならないと思います。

コミュニケーションツール

FreeStyleWikiのほかにも、PukiWikixoopsなどもページの移行を考えたときに自宅マシンなどで評価はしています。
しかし、それぞれ自分の意志には合致しない部分があり使用を避けました。
一応、その理由なども書いてみます。

 PukiWiki

PHPでかかれたWikiクローン。
PHP自体はほとんどのレンタルサーバでApacheモジュールとして実装されている為CGI:Perlよりも高速に動作します。
このためPukiWikiもおそらくFreeStyleWikiよりも多くのレンタルサーバで高速に動作するでしょう。
PukiWikiの使用を何故避けたかと言えばやはり「簡易ログオン機能」のような特定多数の更新権限者を持てないという部分でしょうか。
その部分が実装されていればこのサイトもPukiWikiで動作していたかもしれません。

 xoops

PHP+MySQLで動作するコミュニティサイト構築ツールです。
PHPと高速で動作する為Googleの一部にも使用されているというMySQLの組み合わせは速度と言う面では最強に近いと思います。
JavaServletなどで組まれたものがあるとすればそれにはかなわないでしょうが、JavaServletを置けるようなレンタルサーバはあまり無いですしあったとしても料金が高いです。
また、設置自体も5分程度で行え即座にxoops公式ページのようなページが立ち上がります。
ここまで書くとxoopsは非常に良い選択肢ですが、最大の欠点があります。
それは見栄えです。
xoopsの日本公式サイトに行ってみれば分かりますが、あまりにも初心者ユーザーにやさしくない作りです。
レイアウトは自由に変更できますが、それでもさっぱりしたつくりにはなかなかなってくれません。
先述しましたが、おそらくこのページの閲覧年齢層は低いはずです。
そのためxoopsのような分かりにくいつくりでは閲覧者は自分が必要な情報にたどり着く前に、サイトの使い方が分からずあきらめてしまうのではないかと考えました。

 FreeStyleWiki

PerlでかかれたWikiクローン。
徹底したモジュール化により、プラグインの開発が容易で拡張性が高いです。
また、mod_perlで一応動作するのでPHPでかかれたPukiWikiに迫る速度が得られます。

自分が何故FreeStyleWikiの使用を決めたかといえばやはり「簡易ログオン」機能に因るところが大きいです。
次に容易に作成できるプラグインでしょうか。
このサイトでも独自のプラグインが3,4個あります。
(あまり一般的に使えるものではないので公式ページなどに公開はしていませんが…)
今まで慣れ親しんできたPerlを使用しているというところも評価できます。
(PHPも普通に書けますよ。でも、Perlの経験値のほうが高いのは確実です。)
あと、見栄えも割とさっぱりしているのでその辺も評価点です。

 blog

WebLogの略語らしいです。
どちらかというと日記サイト構築ツールのような感じですが(blogというツールは存在しません。Movable Typeなどが有名です)他のツールと大きく違う点はTrackBackという仕組みがあることでしょうか。
このTrackBackとは「あなたのサイトのことを私のページの文中で紹介したよ」ということを通知すると紹介されたほうのページに紹介したほうのページへのリンクが自動的に作成されるというものです。
自分が興味のあることについて記事を書いていれば、いずれ相互にリンクが張られ同じ興味をもつ他の人の考えなどを広くしることができるのでは?というものです。

blogはあくまでサイト管理者のWebLogであるため、サイトポリシーにあるように複数人での管理という部分に適しませんでした。
また、TrackBackの仕組みに関してはFreeStyleWikiでもTrackBackPingプラグインが開発されている為、無理にblogにする必要もないかなと。

ただ、自分と同じことに興味を持つ人を見つけたりする為に使用するツールとしてはblogは大変優れたツールだと思います。

ちなみにこのblogの記事はサイトオープン後に作成しています。
blogという言葉自体に興味は持っていたのですが、サイト構築前に調査はしませんでした。

プラグイン

FreeStyleWikiにはプラグインという通常のWiki書式とは別の機能を持たせた文字列があります。
プラグインはすべて

{{プラグイン名 [引数1][,引数2][,引数3]...}}

という形式でWikiページ内に記述でき、それぞれ様々な機能を提供します。

たとえばなんでも掲示板に移動して右上のソースというリンクをクリックしてみてください。
実際の掲示板を設置している文字列は

{{bbs3 なんでも掲示板,20}}

だけです。

更新権限者はサイト管理者がプラグインを開発、インストールさえすればこのように掲示板を設置するにもたった1行の記述でできてしまうのです。
ただ、プラグインから作成される内容は大抵一定のものとなるので、自分のお気に入りのレイアウトにしたりすることはできません。

プラグインの種類について

プラグインにはパラグラフ(段落)プラグイン、インラインプラグインがあります。

 パラグラフプラグイン

そのプラグインのみで段落を形成するプラグインです。
掲示板、最近の更新、Google検索、サイト内検索などのプラグインがこれにあたります。

 インラインプラグイン

1行内に埋め込むことのできるプラグインです。
spanプラグイン、arrowプラグインなどがこれにあたります。

何かコメントがあればお気軽にどうぞ
お名前: コメント:

[カテゴリ: 雑記]